2017年統括!大変お世話になりました。

Sponsored Link

いよいよ2017年も終わり…ギリギリですが2017年の振り返り記事を書いておこうと思います。
(書いてたら年明けてもーた。むっちゃアホい!!!まぁいいや….)

2017年はどんな年だったか….

毎年、その年を振り返る時には「去年の今頃は….」とちょうど1年前を振り返るようにしています。今年2017年の私は、7歳息子と1歳の娘がいるので、去年は、6歳息子と0歳娘だったのか、と思いました。

で、えー、0歳娘という状況で、その先のこの1年をやってきたのだなと思ってちょっとビビりました。しかもひとり親で出産しているし、その出産が2016年ということで、その次の2017年が今年だったのかと。

12月に入って、今年を振り返った時、家が未完成のままで不便で疲れも溜まりがちで腰痛や中耳炎で体調もよく崩したし、しんどかったなぁと苦笑いするような記憶が一番に蘇りました。


でも、0歳の娘が1歳になって、春に息子が保育園を卒園し、ドタバタで引っ越し小学校に入学、家をどうにかして動かしていくことに邁進し、仕事もやりつつ、くるくるハイツを名付け、腰痛などで動けなくなりながらも全力で走った1年だったということだけは確実だなと、子どもたちに教えられたように思いました。。

たくさんの人たちに支えられて生き抜けました

そうして振り返ると私がこの1年を進むことができたのは、紛れもなくたくさんの人たちの支えによるものでした。

去年の年末に始めた家の片付けから、当時なんども手伝いに来てくれた友人からたくさんの人たちを紹介してもらい、その人たちがまた多くの友人たちとの出会いを紡いでくれました。

また私が発信する情報を見て、家に訪ねてくれたたくさんの方々との出会い、そのひとつひとつが私に元気をくれました。

去年突然出会ってその場で声をかけて家の片付けを手伝ってくれた人はその後腰を痛めた時に助けてくれる柔道整復師の友人であったりもしました。

今も、しんどいと感じる時はあって、そういう時は気持ちが挫けてやさぐれたりもしています。でもいつも、たくさんの人たちが私のことをサポートしてくれました。わかりやすい形だけではなくても、それはちょっとした表情だったり、声色だったり、ネット上の言葉がけだったり眼差しだったりしました。ネットを通じても、本当に素晴らしい応援をたくさんいただきました。家に直接家に来てくれた人たちからは、そこに足を運ぶ為に使っていただいたエネルギーも、私を励ましてくれました。

私はそのすべてを受け取って、2017年どうにかやってこれたのだと思います。
本当に本当にありがとうございます。

今年は本当に出会い多き年となりました。そしてそのすべてが素晴らしかったです。

挑戦の1年の象徴は、クラウドファンディング!

2017年は本当にチャレンジの年でもありましたが、その象徴はクラウドファンディングの実施でもありました。100%を超える支援を達成することが出来て、引き続き1月中ですべてのリターンをお送りする予定です。応援いただいた皆様、ご支援いただいた皆様、改めまして本当にありがとうございました。

https://camp-fire.jp/projects/view/37158

皆様の応援に恥じない活動をこれからも展開させていきます!!!!

そしてこの1年のチャレンジの最大の成果は、自分が今こうして無事に生きているということだなと思っています。

ワクワクの2018年は….

2018年は、2017年の動きをしっかりと大切に受け止め、根付かせ、より強くしっかりと成長させていきます。これまでの数年で、しっかり気持ちの準備だけはやってきたという自信はあります。うまくいかない日々や、様々な葛藤があったからこそ、もうチャンスは逃がさないという覚悟もあります。

勿論これからの私も、相変わらずよく分かってないのに虎穴にインするような私と思われます。私は大抵勝手に虎穴にインしてボロボロになって戻って来るようなところがあるのですが、皆様には今後もそういう時は生暖かく励ましていただけると幸いです。そんでよろしければぜひ、ボロボロな私のことも楽しげに笑ってやってください。人柱になる気概はあります。それで誰かが面白がってくれれば本望です。

(こいつまたヤバイことやろうとしてんな)と感じた際は、どうぞお力添えをいただけるとありがたいです。

私は本当に未熟者で、家事もきちんとやらずに自分のやりたいことやるし、やりたいことやりすぎて夜更かしして朝起きられないし….来年はもうちょっとその辺マシにしたいと思いますが、そんな私ですが、これからも是非見守ってもらえると嬉しいです。

1/27にはTEDxFukuokaへの登壇、2/11からは九州芸文館での展覧会参加があります。
またお知らせしていきます。

2017年、本当にありがとうございました。
そして2018年も、どうぞ、よろしくお願い致します!!!