2018/3/3,4に展覧会場で参加無料のイベントを行います!

Sponsored Link

現在福岡県筑後市の九州芸文館で開催中の展覧会「藝術生活宣言ーだって楽しいんだもん!」展の関連イベントのお知らせです!(写真は初日のギャラリートークの様子です)

3/3(土)と4(日)にそれぞれ14:00-15:00の1時間イベントを行います。
どちらも参加費無料、申込不要です。

3日は「アート味わう鑑賞ツアー」

私がかねてから思っていた、日本はアートの鑑賞教育が無いよね〜的な気持ちから発生した鑑賞ツアーの初試みです。中学高校時代から色々な展覧会を見てきた私が、私なりの作品鑑賞の楽しみ方を元にして参加者の皆様と一緒に味わっていけるといいなと思っています。
https://www.facebook.com/events/331892893989609/

4日はくるくるハイツ「出張オープンミーティング」

月に一度くるくるハイツで開催中のオープンミーティングの出張版を行います!日頃のくるくるハイツの活動を紹介したり、活動への想いなどをお伝えしつつ、参加者の皆様とざっくばらんにお話していきたいなと思っています!
https://www.facebook.com/events/322103251630891/

3/3,4の土日に筑後方面にお越しの方、展覧会を観に行こうかな〜としている方などおられましたら、イベントにもぜひご参加ください。展示だけではない私の活動の根っこ部分に一歩踏み込む感じの機会になっております!(^^)

筑後アート往来2017→2018 藝術生活宣言ーだって楽しいんだもん!

藝術生活宣言ーだって楽しいんだもん!

福岡県筑後地域において国内外の様々な芸術家による作品創作・展示・交流を行うプロジェクト「筑後アート往来」。

本展では、人、地域、自然と関わりながら、しなやかに力強く藝術生活を営む4人のアーティストの活動を紹介します。少しの工夫で私たちの生活を楽しくする術とは!?

生島国宜は筑後の人々が見た夢のインタビューを基に絵画を制作し、天野百恵は自身が運営する自宅兼アートスペース「くるくるハイツ」での活動をインスタ レーション(空間藝術)として表します。また、加藤笑平は筑後地域の川を巡り、そこに暮らす人々の根源的な営みに迫る作品を制作し、國盛麻衣佳は自身の出身地である大牟田市の炭鉱の歴史をテーマに作品を制作します。九州芸文館を舞台に新鋭現代美術家4人が繰り広げるアートをお楽しみください。

出品作家
生島国宜(画家)、天野百恵(美術家)、加藤笑平(美術家)、國盛麻衣佳(美術家)

会期
2018年2月11日(日・祝)〜3月11日(日)

休館日:月曜日[ただし2月12日(月・休)開館、翌2月13日(火)休館]

開場時間
10:00〜17:00

会場
九州芸文館 大交流室

入場無料

https://www.kyushu-geibun.jp/main/3696.html