東京医大入試の女性差別に関連してのtweet

Sponsored Link

先日Facebookのシングルファザーのご友人が、最近世間を賑わせている東京医大入試で女性差別が行われていた件に関連する投稿を行っていました。

内容は、男性であっても育児の主体者であれば、働く現場から排除されるという実体験を元にしたお話。この内容はぜひ多くの人に知ってもらう価値があるものだと思い許可を得てtwitterにて紹介をさせていただきました。

このtweetが私が何年も前から延々やっているtwitterの中で始めてたくさんの人にリツイートや「いいね」していただき、結果たくさんの人に知ってもらえる機会が作ることが出来て、ありがたく思っています。

投稿した画像をここでも貼り付けしておきます。
転載許可をくれたご友人どの、本当にありがとうございます!

友人の投稿で引用されている部分の元記事はこちら
東京医大のニュースを見ても驚けなかった話

思えば私も2010年に初めて出産を経験してから、ずっと憤っていたのはこのことだったかもしれないと思いました。あまりにも憤り過ぎて全然言語化できなかったけど。。

tweetの方は通知欄がカオス化していて確実に把握できているか怪しいのですが「これは同時に男性には労働を強いてきたとも言える」といった旨のコメントを書いていた方も居て、それも本当にそうだと思いました。

社会を変えていくのは私たちひとりひとりの意識でしかなくて、その為に少しずつでも一歩一歩前に進んでいきたいと思っています。

私が、もしくは女性が、女性差別について叫んでも、なかなか難しい実情も感じています。友人は男性として父親として語ってくれたからこそ、説得力があり、貴重で、ありがたい内容だと改めて感じています。

発信を見てくれた皆様にも感謝です。何かを考えるきっかけになるといいなと思っています。