私と占星術と陰陽五行と暦

Sponsored Link

京都在住時代に命術家の三井糺命さんと知り合って、彼の主宰する「糺命塾」という陰陽五行をベースとした命術(四柱推命の占術…かな)を少し学んだりしていました。

陰陽五行は東洋の宇宙観で、十二支と十干(干支(えと)!)の暦と人の命の関係、日本人の暮らしに根付いている文化などに触れる非常に深い学びの機会でした。

しかし京都を離れることになりそれもお休みしていたのですが、最近は縁あって少しずつ今度は西洋系の占星術も独学で学び始めました。

占星術も要は暦を天体の動きから読み、その意味を解釈していくという分野なのだけど、やっぱり面白い!!田舎好きが加速していく中で、暦との関係は切っても切れないなと感じています。特に女性は月経もあるから、余計に暦は身体のバイオリズムとして意識しやすく親和性が高いのかもしれないということも感じます。

勿論農をやっていく上でも暦はものすごく大切。現代的な暮らしをしているとなかなか暦なんて意識する機会もなく、カレンダーはただの数字の羅列としか感じなかったりもするのですが、やっぱり季節のダイナミズムを感じて暮らしていけると心が豊かになるなぁなんて思う今日この頃です。

天体観測もできるようになってみたいし、これからもちょっとずつ宇宙の星々についての学びを深めていきたいと思っております!