Information, Visit And Stay, くるくるハイツ

くるくるハイツの訪問・滞在受け入れについて 2021.0813追記

2017年春から暮らし始め2021年現在5年目になる、天野百恵と子ども2人の住まい「くるくるハイツ」。当初は家の改修したい部分が大量にある状況だったのですが、少しずつ、色んな人に手伝ってもらいながら快適な家に変貌を遂げてきました(雨漏りはまだしてるけど)。

また、様々なイベントなども開催してきたのですが、見えてきた課題(車をたくさん停められる場所が近くにないので近隣に迷惑がかかることなど……)もある中で、2020年からは新型コロナウィルスのパンデミックも起こったことで、一旦「集まり」のようなものはストップしております。

コロナになってからは、細々と改修に力を入れたり、初めて米作りをしたりと、作業関連を中心に臨機応変対応で活動を行なってきました。また、時代の流れの変化もあってか、コロナになって以降は滞在の問い合わせの連絡もとても多くいただくようになりました。

実際に日帰り訪問のような形でお話をした方や、お米関連の作業に参加してくれた方、滞在者も現れて、コロナ以前とは違った新しいくるくるハイツになってきているなぁと感じています。

また、2017年当時小学校入学だった息子も、今は10歳になり、子育ての状況も随分変化してきました。1歳だった娘も5歳になりました。

2020年以降は、実際の滞在や住人希望のご連絡をいただくことが増えたことで、新たに見えて来た課題もあります。

(1)まともに使える個室の改修が追いついていない(元々1部屋くらいしかゲスト用に使えるきれいな個室がない)という課題、
(2)車がないと不便なエリアなのに車を停められる場所の確保が難しい問題…
….などです。

この内容を書いている時点(2021年6月現在)は、そういった経緯もあり、基本的に中長期(数週間〜1ヶ月以上)の人の受け入れが厳しい状況になっております。

また今後についても、諸々の状況を踏まえて、中長期で暮らすシェアハウス的な場所というよりは、1泊〜1週間くらい?の比較的短期の滞在受け入れのゲストハウス/民泊寄りの方が良いかもなぁとも思っているところです。

ただ、くるくるハイツが持っている考えのひとつである、「田舎暮らしの窓口機能」は引き続き大事にしたいと思っています。具体的には、田舎暮らしや移住の相談に乗ったり、実際の物件探しについてアドバイスできることはしたいし、田舎へのトライアルステイ(お試し移住)や場所探しの為の仮住まいとしての機能も大切にしたいと思っています。

 

またこれまでも、たくさんの人との出会いは、子ども達の成長にとってどれもプラスになっていると感じていて本当にありがたく思っています。これからも様々な出会いを通じて、それぞれの人生がより豊かになるような場所になっていくといいなと考えています。

お問い合わせのタイミングによって受け入れの状況は随時変化するので、滞在受け入れが可能かどうかについては、その都度状況をお伝えしていきます。ご了承いただけると幸いです。

こんな人に来て欲しい、こんな人なら楽しめるかな?というのも改めて箇条書きにしてみます。

・天野百恵の生き方に興味がある人
・田舎暮らしのライフスタイルの実際を体験したい人
・子どものいる暮らしを体験したい人/子どもが好きな人
・DIYやリノベーション、米作りや畑に興味がある人/やりたい人
・草刈りや山の整備や片付け、掃除が好きな人
・不便を楽しめる人
・開拓意欲のある人
・地域の先住者の方々へのリスペクトが持てる人

逆にこんな人は難しいかな〜と思うケースも….

・ただ滞在したい人
・虫など苦手な人
・汚さの許容範囲が狭い人
・受け身な人
・冬の寒さや夏の暑さなどの不快さを許容できない人
・猫が無理な人
・自分のライフスタイルのこだわりが強い人

くるくるハイツは、基本的にただの家(古民家)です。素晴らしいおもてなしや快適な環境、サービスを提供しているというわけではありません。趣旨としては、天野百恵があくまでも実験的に手探りの中で行なっている「家をオープンにクリエイティブに活用する」という取り組みです。

***

2021.08追記
新型コロナウィルス感染症のパンデミックの関係で、ゲストの宿泊受入可否は、その都度の状況を見ての判断とさせていただきますことをご了承ください。緊急事態宣言が出ている状況、または感染拡大と天野百恵が判断した場合は基本的には宿泊については自粛(保留・延期)をお願いする形になります。

また、事前にご連絡をいただいた場合など、一旦受入可としていた場合も直近の状況の変化により急遽キャンセルのご相談をさせていただく場合もあります。

大変心苦しい部分もありますが、感染拡大防止策として、またくるくるハイツが複数人の生活の場という現状も踏まえてご理解いただけますと幸いです。

訪問につきましても、原則「ディスタンス対応」となります。
具体的には
・食事を至近距離(同じテーブル)でしない
・長時間室内で喋らない 等です。
庭など屋外でお話しするなど、色々工夫しながらリスク管理を行なっております。

色々とご不便をおかけしますが、ご協力お願いいたします。

 

これらの内容をご理解いただいた上で、興味がある・話を聞きたい・滞在してみたい….という方は、下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

https://forms.gle/S7qu9M1Zf5ctCSSs7