産後1年の節目に

Sponsored Link

昨年に産まれた娘も無事に1歳になりました。
おかげさまで子どもたちと周囲の方々に助けられてどうにか元気でこの日を迎えることが出来て本当にありがたく思っております。

色々あり過ぎて、どこをどう掻い摘んで簡潔に説明できるのか、あまりにも色んな切り口で語れ過ぎて逆に難しい、みたいな感じで過ごしてきたここ数年の個人的な出来事ですが、それもこうして少しずつ過去になってゆきます。今後はもっとスッキリ分かりやすい展開になっていけるように、自分を研磨する修行の日々かなと思っています。

1年前に思い描いていた希望のようなものは現在綺麗さっぱり無くなりましたが、その分きちんと、元からずっとやりたいと思っていたことへの流れが繋がりつつあります。もはや最近は、いい意味で流れに任せるのが上手くなってきたようにも感じています。

(しかし過去の反省としては、自分が嫌なことには正直にそれを貫いていかないと、結局自分も傷つくし他者も傷つける、という学び….肝に銘じつつ、流れを感じてゆきたいと思っています。)

自分の体としては、産後1年、もはや産後ではない、な状態ですね。
よく頑張ったなーと思います。自画自賛!

そして娘がハイパーかわいくて毎日メロメロです。
泣くのもかわいい。この時期は抱っこをするとそれで完全に満たされた空氣を醸すのですが、それがまたかわいい。餅みたいなのもかわいい。自分の理解を超えた何かに出会った時のリアクションがアメリカのコメディ映画みたいでかわいい。笑顔がハイパーかわいい。

二人目だからこそ、この時期が過ぎ去っていくことが分かっていて、だからこそすごく惜しくて(笑)毎日ギューギュー抱きしめています。

兄である息子も、ほんとうによく手伝ってくれていて、感謝です。お年頃なのでぶつかることも多い今日この頃ですが、それはやはり常に私の学びの機会として精進してゆきたいところ….。

至らぬところを挙げればキリがないわたくしですが、これからもマイペースに瞬間瞬間を堪能していけるといいなと思っています。

先日片付けをしていて過去のメモリーが色々出てきてとても懐かしくなりました。学生時代もその後の関西暮らしの日々も、1日1日、一瞬一瞬が眩しく輝いて感じられて、本当に素晴らしく最高に幸せな時間だったなぁ、と思いました。失われた時だから、そう思うのだということはすごーく分かります。その時は、色々しんどかったり悩んでたり、うまくいかないと思ってたりするんだけれども。

その時々で、笑顔をくれた人たちに感謝です。あの瞬間はずっと宝物です。
そうやって年を重ねつつ、でも一番は今と未来にワクワクしながら、これからもまた一歩、歩んでいこうと思う本日です。