Month: October 2020

バスケットゴール DIY計画3[設営編]

初回 バスケットゴール DIY計画1[発起編] 2回目 バスケットゴール DIY計画2[実制作編] の続きです!ラスト! さて設営に向けて動き始めます。廃材の板をこんな感じで固定したい。強度は大丈夫なのか?不安を抱きつつも進行します。 廃材も風雨に耐えられるよう、キシラデコールという塗料を塗りました。落下してきたら怖いので本気です。 バスケットゴール のリングを取り付ける為の穴あけ。(結果的に真ん中は不要だった….ミス)直径9mmのドリルとの指示も強度の為にきちんと守ります。(強度のことがなければ基本てきとー)   構造の材は、全部で4本。2本は長いまま使い、2本は短くカット。固定する馬小屋の構造に合わせて調整です。   設置予定場所に絡まっている蔦も取り除きます。邪魔な物も移動。 蔦取り除き後。足元も草刈りしたり砂利を敷いたり整えてゆきました。 ボード側の固定に使う為に作ったパーツ。ボードの厚みだとちょうどいい長さのビスがなくて、それを補う厚みの板を切りました。このあたりの細かさも、強度をがっつり考えての作業。落ちてきたら危ないので本気です….。この木も廃材から発見。ラッキー。   いよいよ設営開始!なんとなくイメージしていた通りに、構造用の材を固定してゆきます。バスケ歴が小学校〜大人までという素晴らしいご友人様が設営ヘルプに来てくれました。この作業は本当に、一人ではできない….感謝です。 こうした方がいいんじゃないか、これはあまり意味が無いのでは、バックボード側の位置を出すにはどう計算するのがいいか、ここは強いけどここは弱いかもしれない…..などなど、あれやこれや考えながら、それでも基本的にイメージ通りに設置は進みました。L字型の金属パーツで固定強度確保に本気を出してます。   いよいよリングの取り付け!クライマックスです。ボルトのナットをスパナで固定。今回なんだかんだいって、工具など作業に必要な道具が揃っていることはやはり強みでした….。 しかし25年くらい使った気がする、マキタの電動ドライバーは流石にバッテリーが寿命で頼りなく、ご近所友人にインパクトドライバーをお借りしました。感謝….。   完成!!!! なんかすごいクオリティのバスケットゴールが完成しました。シュートをしても、バックボードはビクともしません。す、すごい(L字の金属パーツの力)。 高さを計算した時に、軒下ギリギリの高さになることが判明したので、屋根の下にかぶらないように、屋根が出ている分の長さでゴールの板も貼り出させました。ボールが高く飛んでも屋根が邪魔にならないようにという配慮です。 いやはや完璧。 しかしほんと完成まで、かなりの労力と時間を使いました。頭もかなり使った。しかしそれでも、このクオリティの物を作れるんだなぁ…..とちょっと自分で自分に感心したので、もうこれは本気出してブログでレポートさせていただきました。。 そしてこちら、今月10歳になる息子の誕生日プレゼントということになりました。「頑張って作るからこれをプレゼントにさせてね….異論は認めないぜ…」くらいの余裕の無い感じでの流れでしたが…。いい記念になったかなぁ。 高さはミニバス仕様です。みんな、バスケやりに来てね!長持ちするといいなぁと思います。   今回、色々な形でご協力いただいたみなさまに感謝です。改めまして本当にありがとうございました!!!レポートを読んでいただいたみなさまも、ありがとうございますー!

バスケットゴール DIY計画2[実制作編]

前回 バスケットゴール DIY計画[発起編] の続きです。 いよいよ始まりましたバスケットゴール DIY計画の実制作編。結構時間かかりました。 まずは、バスケットゴールのサイズ調査。これも意外と時間かかった….。検索で出てくるサイズがでかくて、どうすればいいのか分からない。最終的にジュニアサイズ?ということで出て来た情報、80cmx120cmでいくことにしました。これなら規格サイズの板でも足りる。 左側がボードの設計と、右側は実際に設置する時に考えた設計。 次に、ゴール背面の板、バックボードをどうするか。廃材探してがらくた市に行き(弱そうなやつしかなかった)、木材店に相談に行き(無垢板の幅広材は無かった)、最終的にホームセンターで集積材を買いました。厚みも必要だったので1.8cmの板。 普通、この手の板は合板を選ぶのだけど、このバスケットゴールは屋外設置の為、風雨に耐える必要があります。通常の合板は雨に弱い(接着剤でサンドイッチ構造になっている…)ので、選択肢からは外していました。強度最強木材といえば、無垢板なのだけど、幅広サイズが無いのと、反るということも木材店の方に言われて、しばし悩み、結論としてなるべく強そうな集積材に。カットはホームセンターでお願いしました。 その後、買った板を置いていると、反っている….。カットの縦横比の関係で反りやすい向きが判明。最終的に背面に3本、角材で補強を加えました。補強に使った材は廃材。ジャストサイズの木があり、ラッキー。 ここでやっと塗装です。集積材も接着剤でくっついてる材なので、風雨に耐える目的も兼ねて塗料で塗ります。3回くらい重ね塗りして丈夫で長持ちな板を目指しました。もう集積材って分からない〜。 白の次は黒の塗装。塗装は仕事でやっていたこともあるので、結構勝手が分かります。調べておいた情報を元にマスキングテープで貼って塗って剥がすとこのクオリティ。かなりすごい板になったので、わたしは天才かもしれない………と思うなど。 この白塗装とガイドのラインは、こだわり要素の一つ。きちんと練習になるようにいつもの体育館のゴールを再現することを目指しました。   バスケットゴールの背面板(バックボード )が完成したので、いよいよ次の工程。リングの取り付けとボードの設営に入ります。 私が買ったリングはこちら。結構お安い….というのは今回のバスケットゴール DIYの大きなモチベーションとなりました。結果的にはお金は他に色々かかっているのだけど….笑     この辺りの作業で使った材料はこちら。白い塗料は水性ですが、ウレタン入りで屋外にも使える仕様のものを。黒は少量だったので、刷毛付き構造のミニラッカー。バスケットゴールのリングは、ネットが外れやすいという情報を見たので結束バンドで固定。耐候性タイプを購入。 次はいよいよ、設営です。 バスケットゴール DIY計画3[設営編]      

バスケットゴール DIY計画1[発起編]

  「バスケットゴール が欲しいな〜〜バスケットゴールが欲しいな〜〜でも値段が高いから買えないな〜〜」を連呼する2020年秋の息子。 私は答える。 「そうだねぇ〜〜高いよね〜〜」 実際にネットで何度目かの検索をかけるも、お値段はなかなか(安いやつはレビュー評価が低い)。それに独立型は場所をとるので邪魔でもあるしなぁ…。 自主的に公園のゴールで練習をする息子。この写真をSNSで投稿して、バスケットゴールを欲しがっている件を呟いた私。するとご友人がコメントで、自作という選択肢を提案してくれました。DIYでバスケットゴールを作った人のブログ投稿記事のリンクと共に。 いやいや〜ハードル高過いんだよ〜〜、と思っていたものの、リング単体が意外と安く買えそうなことなどを知り、少しやる気が出てきた私。 じわじわと DIY計画が動き出すことになりました。 家の前の空間で、バスケットゴール設置に良さそうな場所を考えてみます。レイアップができるくらいの距離は走れた方がいい、そして当たり前だけどバックボードを固定できる構造が可能な場所。色々見回して考えて、こちらの元馬小屋の左端ゾーンはどうかと思い立ちました。 この角。色々物もどかさないとなぁ….。 バスケットゴール DIY計画は静かに動き始めました。 次回 バスケットゴール DIY計画2[実制作編] !!

東の窓からの光

去年頑張って使えるようにした北東部屋。元は開かずの間になっていたところ、床貼り、壁塗り、天井張り(一部吹き抜けに)などして改修をがんばりました。現在は私の仕事部屋になっております。ちなみに雨漏りします笑 上の写真は6月の光。東の窓から朝の光が本当に美しく、晴れた日はそれだけで気持ちが上がります。窓からの景色にいつも癒される暮らし、やっぱりとても良いです。   これは本日。10月になって太陽の光の角度も変わってきました。 冬になると、この古民家の窓ガラスというのが極寒のそれになるので、内側からポリカ中空ボードで断熱をする施工でもやりたいところです…。やりたいこと多すぎるのでどうなることやら事案(いつもの)ですが。 この窓の外から、猿が見えたり、蜜蜂が見えたりもします。いつも楽しい北東部屋です。

文化庁による文化芸術活動の継続支援事業の活動継続・技能向上等支援を頂けることに決まりました。

  この度、文化庁による文化芸術活動の継続支援事業の活動継続・技能向上等支援を頂けることに決まりました。分野は美術です。 今回の事業を知るところから申請まで、様々な方の情報やアドバイスをいただき、無事に支援をいただける運びとなりました。本当にありがとうございます。 支援を活かし、作品制作技術の向上に向けた取り組み・コロナ時代だからこそ可能性が広がる活動や発信の強化等を行い、引き続き美術家としての活動の継続・発展を目指します。   同じように文化芸術活動をされている方で、支援事業に興味がある方がおられましたら、私もアドバイスなど出来ると思うので、お気軽にご相談ください。   新型コロナウィルスで、従来の文化の仕組みが揺れ動く時代ですが、これからも文化が人の心を豊かにするという想いを大切に、活動を続けていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!    

日本みつばち再訪と猪が車にぶつかった話

昨日の午後、ふと窓の外を見たら、今年は空っぽになってしまった日本ミツバチの巣箱のうちのひとつに、奴らが突如やって来ていました。分蜂という、巣箱探しの群が出るのは春、今は秋….。巣箱管理でお世話になっているご友人に聞いてみたところ、逃去群だろうとのこと。 今年は梅雨が長かったので、餌になる蜜が少なく、逃去も多いとのこと。とはいえ、このタイミングで巣箱に入っても、越冬できるかどうか….ハードルはそれなりに高そうです。人間としてもお世話をがんばりたいところですが、本質的には、ミツバチの勢いに委ねられる感じです。 写真は今朝の様子。まだ巣箱の外に集まっていて落ち着きがない。大丈夫か。早速キイロスズメバチも一匹来ていたので、対策を講じる必要がありそう。   さてニュースはもうひとつ。 写真がないのでお知らせ画像(?)なのですが、猪と私の運転している車がぶつかりました….昨日の夕方。 保育園からの帰り道、18時過ぎ、帰宅後ランニングするぞ〜と意気込んでいたのですが、突如前方左側に、猪! 大きくて、最初見た時は何故か熊かなと思いました。単純に(うわぁ〜…)と0.5秒くらい見ながら(いや熊は九州にはいない…..猪か….)など考えつつ車は通過。 ドカン! えええええええ〜〜〜????? 当たるのぉ〜〜〜〜〜???? まじか………という気分。 でもそんなことはともかく帰る……….あれれ……左側のタイヤがこれはどうも…..空気抜けてゴリゴリゴリゴリ…..走らない方がいいパターンのやつ…….路肩に寄せて停車…(やや呆然)。 という感じでした。 この時点で猪は影も形もなく、ぶつかったとか何の関係もない様子で消えていたのでした。 その後は一旦車外に出て、被害を確認。助手席側の前輪タイヤが大きく裂けて大破。ウィンカーが飛び出て、助手席側側面の車体は大きくへこんでおりました。 ひとまず走れなくなった車をどうにかしないといけないので、以前修理を頼んだことがある同じ地域の整備屋さんに電話。自動車保険のロードサービスで対応出来るということで、保険会社さんに電話など。 無事にスペアタイヤに交換が出来て、その日は終了。あと少しで家に帰り着くところだったけど、それから30分くらい遅くなりました。でも2時間の如く長く感じた時間でした。   猪にぶつかる話はこれまでも何度も聞いたことがあったものの、実際に経験してみて、運の要素が大きいなぁと感じました。 多分、猪は、道の反対側にある山に戻ろうということを決めていて、私の車が通過してもそのことは全く関係なく、猛進したんだと思われます。なるほど、猪突猛進。 でもほんと、生身の体で当たってたら確実に吹っ飛ばされるだろうし、車に当たっても何事もなさそうなところとか、ほんと強いなぁと思いました….。人間は弱い。 一回当たっても、今後も可能性はあるというか、平等に誰でも当たるチャンスがある感じなので、ご近所の皆様にも情報共有して注意喚起しつつ、私も2回は嫌だぜ….とヒヤヒヤしている本日です。 とはいえ、人身事故でもないし、乗っていた人間も無傷だったし、車の被害もまぁまぁマシな方かな…ということで、よかったです。  

電気磁気治療器のバイオビームがすごい

磁気治療に詳しいご友人を通じて出会った、電気磁気治療器のバイオビームというアイテム。糸島に来てから結構腰痛になることが多くなっていた私なのですが、これがむっちゃ効果感じたので7月下旬頃にヤフオク様で落札してゲットしました。 体を動かすと翌日腰痛というポンコツぶりを発揮していたのだけど、これを使うと結構すぐ治る印象。 磁気のパワーはよくわからないのだけど(笑)本体がむちゃ熱くなるので、温熱効果は体感としてバッチリ。うまいこと機能すると体がホワホワに暖かくなります。この感じ、鍼治療で経験あるんだけど、自然治癒力がMAX機能してる時の状態なんですよね〜。 体を動かしたい〜と思いつつ、腰痛の壁に悩まされていた毎日でしたが、バイオビーム様の力でどうとでもなるようになり、ほんと嬉しい。 しかも当たり前だけどこれどこにでも使えるので、腹に乗せて内臓温めたり、肩こりとかにも良いでしょうきっと。とにかく血行促進。 血行促進したい方は、くるくるハイツで体験できますのでお気軽にご相談ください〜。  

玄関収納最初の一歩

ご近所のお友達がDIYで鶏小屋を作っていたので、モチベーションが上がり、えらく止まっていた玄関の改修を一部進めることに成功しました。 こちらは2020年1月時点の作業。 左側の壁面に合板を張る。壁面が砂壁でボロボロ落ちてくるのと、穴が空いているので閉じる役目。それに合板にすれば収納作り放題…という目論見です。 フルサイズの合板を切らずに張っただけの楽々作業。そしてこの後9ヶ月間?止まっていました。   こちら本日。そう、左側に微妙な幅の隙間があったので、それをちゃんと埋めないといけなかった。これが面倒で放置してました。この写真は、左端を埋めたところ。上の方が開いているけど、これも閉じないと見栄え悪いです。板を打つための構造すらサボって付けていません。かなりざっくり。   こういう感じで合板を正しく細く切ることへの心理的ハードルがものすごく高かった。なぜなら丸ノコが、私が左利きなおかげで上手く扱えなかったから….。でも実は先日、お知り合いから「丸ノコは右手で使ったら?」と言われていたのを覚えていた私。その時は「え〜?無理無理、だって左利きでっせ」と思っていたものの、今日右手で試してみました。 結果、無茶苦茶切りやすいやないか〜〜〜〜〜〜い! びっくりするほど切りやすかったです。右手に最適化されていた。 でも微妙な歪みが出るので、カンナも使って微調整。カンナも昔は苦手意識あったけど、今は使える。   そしてどうにかこちらの壁面を板で埋めることに成功!(上部はまだ埋めてないけどね…)板が入れば棚受けを取り付けできるので、ひとまず一枚だけ棚板も設置。 4年目にして初の玄関収納棚です…. これは玄関改修にとっては小さな一歩だが、我が家の玄関収納にとっては偉大な一歩である。

白い浴槽をついにGETです!

今日はついに白い浴槽をGETしました。以前から、白い浴槽白い浴槽と言っていたのだけど、ついに棄てられているのを発見。確認をとって無事にお持ち帰りしてきました。やったーー。 なぜ白い浴槽か。 それは我が家のお風呂は壁のタイルが黄緑色、浴槽がセルリアンブルーという完璧な寒色で、なんといっても寒いからです(色が)。 お湯を入れてもプールに入っている気分が味わえます。 里山古民家暮らしなので、ただでさえ結構寒いということもあって、お風呂を明るく暖かくしたい〜というわけで、色々考えた結果(?)白にしたい!となっていた次第です。 タイルは油性塗料で塗ればすぐ白くなるけど、浴槽は流石に塗装してもお湯が毎日入れば剥がれる…。交換しかないな〜と思って、細々と浴槽を探していました。 とはいえ、この改修はかなりハード。なにせ固めてありますので….。ついでに住んでる家の風呂なので、施工期間は風呂に入れないという問題もあります。 基本はDIY進行している私ですが、DIYだと厳しいな…となって止まっている箇所は他にもあって、神頼み的に、DIYを手伝ってくれる人の登場を待っているような部分もあったり…。ほぼ祈りの領域。お風呂についてもそんな感じになりそう….。 というか最近は、仕事も意外と色々あったり、展覧会の予定もあるのでなかなか改修の時間を作れておりません。 今1番早急に進めたいのは、脱衣所の収納作りや玄関の壁に板を張ってこちらもついに靴の収納を作りたいといった部分….。果たしていつ着手できるのか。   とはいえ、浴槽GETは個人的にはビッグニュース!というわけで、記念にブログに記しておきます。今後の進行をお楽しみに〜〜〜。祈り….。

お米、実って来てます!2020

新型コロナウィルスが世界中でパンデミックになってきた3月。これは今こそ米作りだ!と兼ねてからやって見たかった米作りを始めた春。 夏を越えていよいよ秋の入り口に差し掛かった9月、じわじわとお米が実って来ました。 こちらは9月の半ばの様子。 実ってる〜〜! 実はというか、田植え後の7,8月の田んぼメンテ?を結構サボタージュしていたので、8月後半から極力毎日、とはいえ数日に一度にもなりつつ、なるべく田んぼに通って草刈りをしたりを始めた9月でした。 行くまではすごく気乗りがしないのだけど、行くととても気分が良くなる…ということを繰り返しています。 こちらが最新、9月末。雑草の勢いも季節が進んで徐々に衰えて来たので、躍起になって草刈りはしなくてもいいのかも。というかそもそもどのくらい草刈りをするべきなのか、わからない….結構テキトーにやっています。やり方とかも。 田んぼ自体は、今回二種類のお米を育ててるのだけど、育っている中にはどう見ても違う種類も混ざっています。多分、去年のお米が自然と育ったやつと思われる…..。何種類あるのか….笑 今年が米作り初めてなので、稲刈りがいつなのかも全くよくわかっていません。師匠に聞いてみなければ。 周辺の慣行農業の田んぼの稲は黄金色に輝き始めました。私の田んぼはまだまだ緑。この違いも何なのかなぁ。そもそも稲のサイズも私の田んぼはバラバラ。 でもひとまず実っているので良しとします。   今年は梅雨が7月いっぱいまで続く長さで、その影響でウンカという虫の被害で枯れてしまった田んぼが多い状況とのこと。ご近所や友人でもその話を聞く機会は多く、学びが深いです。今のところ私の田んぼは大丈夫そうだけど、こればっかりは運も大きいのかなぁ。   果たして無事に稲刈りを迎えられるのか! またレポートします。