ART, EXIBITION

2021/2/11~3/27 京都でグループ展に参加します。

京都で2/11から3/27まで開催のグループ展に参加します。場所は上京区の鞍馬口駅徒歩1分のHRD Fine Artさん。20代の作家活動の拠点として8年暮らした京都での久しぶりの展覧会参加にとてもワクワクしています!

京都時代の自分の流れと、その後の九州、地元福岡での動きを踏まえつつ現在地を確かめるような展示にしていけるといいなと思っています。

初日の2/11は、夕方まで京都に居るので、タイミングが合えば少しお会いできるかも。密を避けて会場の近くにある御霊神社の清浄な空気など吸ったりなどする予定です。(会期後半も、状況によっては少し長めに京都に行ければいいなぁと妄想中….また決まりましたらお知らせします。)

どうぞよろしくお願いいたします!

以下詳細↓
HRD Fine Artさんウェブサイトより
http://hrdfineart.com/exb-spirituallandscape21.html?fbclid=IwAR3p0fiQT_y5rjGfzreIpAf8pGaYze5kBY8llJgAKhcnf7brMKd2BLEPe2A

精神の風景 ・○▲□

天野百恵 上野洋嗣 佐野直 田中加織 原口勉

Spiritual Landscape ・○▲□
Moe Amano / Hirotsugu Ueno / Nao Sano / Kaori Tanaka / Tsutomu Haraguchi

会場:HRDファインアート
会期:2021年2月11日~3月27日
時間:木曜日 11:00~15:00 / 金・土曜日 11:00~19:00
休廊:日・月・火・水曜日(事前のアポイントにより観覧可能)

展覧会概要

HRDファインアートでは、2021年2月から3月にかけてグループ展「精神の風景 ・◯▲□」を開催します。本展は、2019年に福岡で開催されたグループ展「精神の風景」(EUREKA)の続編的な位置付けの展覧会として、アーティスト原口勉とHRDファインアートの共同企画により開催されます。
2019年の「精神の風景」展は、2016年4月の熊本地震をひとつの契機として、強大なエネルギーを持つ自然との中の存在としての人間のあり方を問いかける展覧会でした。その参加作家のうち3名(上野洋嗣、佐野直、原口勉)に、新たに京都にゆかりのある2名の作家(天野百恵、田中加織)を加えて開催する今回の展示は、地域性や精神性を象徴するものとしての「山」を中心的なテーマに据え、絵画とインスタレーションによりギャラリー空間をひとつの風景として提示する試みとなります。

歴史的にも文化的にもそれぞれ独自の集積を持つ九州と京都という2つの土地を、5名の作家の多彩な作品と表現によって結び合わせることにより、風土と風景、地霊と歴史、地域と美術など、現今のコロナ禍との関わりも暗示させる様々なキーワードを浮かび上がらせます。

* * * * *

共同企画者からのメッセージ

九州・熊本を震源地として発生した巨大地震のエネルギーを背景に、熊本在住の美術家を中心としたランドスケープの展覧会を2019年に福岡で開催した。「精神の風景」とタイトルを冠したその展覧会は、絵画表現を軸に置きながら、人為的な境界線を自然の地理条件と重ね合わせ「人為」を無効化させる内容だった。

「精神の風景 ・○▲□」は「仮想の山」の麓に立ち並ぶ美術群である。それはリアルな風景を人間の精神に取り込む鍵であり、様々な思考が絵画を中心軸にインスタレーションとして屹立する。

佐野直は無数の点で既視感のある自然や光景を描き出す。上野洋嗣はジオラマから「超越的な風景」を生成する。田中加織は日本庭園から着想されたアイスクリームのようにカラフルな山々を聳えさせる。原口勉は対馬の山中に建つ「禁忌な遺跡」から物語を紡ぐ。天野百恵は生活のタイムラインから多様な表現を派生させる。

現実と象徴が人間の精神フィルターによって幾層にも濾過され入れ替わる風景を、中心から辺境まで点在する美を捉えながらモニターに上書きする視点で展開する。

タイトルについて。
「・」は地理的な局地点である。それは辺境で制限を課された場であり、その区域の抑圧ゆえに精神の輝きをより放ち存在する特異点。
「○」は点の対極として全体性を表す。
「▲」は風景としての山を表す。
「□」は絵画、書物、テレビやスマホの画面など、人類の発展と共に矩形による空間支配が強まることを表象する。 (原口勉)

Facebookイベント特設ページ
https://www.facebook.com/events/332881791201079/

***

Spiritual Landscape ・○▲□
Moe Amano
Hirotsugu Ueno
Nao Sano
Kaori Tanaka
Tsutomu Haraguchi

HRD Fine Art is pleased to announce the opening of a group exhibition titled “Spiritual Landscape ・◯▲□ (dot/circle/triangle/square),” on display from February through March 2021. This exhibition is co-curated by artist Tsutomu Haraguchi and HRD Fine Art as the sequel of “Spiritual Landscape” exhibition held at Eureka in Fukuoka in 2019.
The 2019 exhibition was inspired by the 2016 Kumamoto Earthquakes that shook central areas of Kyushu Island in April 2016. It focused on the conditions of human life faced with tremendous energy of nature and the earth. This year, the Kyoto edition of the project combines three artists from the Fukuoka version (Hirotsugu Ueno, Nao Sano, and Tsutomu Haraguchi) with two new artists who have ties with Kyoto (Moe Amano and Kaori Tanaka), while introducing a new theme: “mountain” as a symbol of regionality and spirituality. Painting and installation are the main features of the show, with five participating artists working together to create an integrated “landscape” within the whole space of the gallery.
In this exhibition, two remote places that are characterized with different cultures and histories, namely Kyushu and Kyoto, are linked through a broad variety of artworks and expressions presented by the five artists. And as a result, various keywords such as climate and landscape, geography and history, regionality and art, and more, emerge before us as if in a powerful volcanic eruption.
* * * * *
[ Co-curator’s Statement ]
Back in 2019, I organized a group show themed on “landscape” in Fukuoka, which referred to a series of big earthquakes that took place in Kumamoto in 2016. Titled “Spiritual Landscape,” the exhibition centered on painting, while overlaying man-made boundaries with natural geographic conditions. Our intention was to nullify “artificiality.”
Now, the exhibition “Spiritual Landscape ・◯▲□ (dot/circle/triangle/square)” consists of a group of artworks that stand side by side at the foot of “virtual mountain,” with various thoughts and ideas rising up as part of an installation. The exhibition’s main components are once again paintings, and it possesses the key that enables real landscapes to be integrated into human spirits.
Nao Sano creates sceneries that incite a sensation of deja-vu using countless dots. Hirotsugu Ueno paints transcending landscapes based on dioramas of his own making. Kaori Tanaka’s colorful, ice cream-like majestic mountains are inspired by traditional Japanese gardens. Tsutomu Haraguchi tells stories that relate to forbidden ruins found in the mountain on Tsushima Island. Moe Amano derives a wide variety of expressions from her everyday life in Fukuoka’s mountainous countryside.
This exhibition shows a landscape where realities and symbols switch with each other while going through the many layers of filters of human spirit. Beauty that can be seen scattered throughout, from center to periphery, is captured in a manner that is similar to overwriting images on a digital monitor.
About the exhibition title:
・ (dot) stands for a specific geographical spot. This spot is confined to a peripheral area, but it shines bright with spiritual brilliance all the more because of the local suppressions.
◯ (circle) symbolizes wholeness, as opposed to the locality of the dot.
▲ (triangle) stands for mountains as landscape.
□ (square) alludes to paintings, books, TV monitors, or smartphone screens. It symbolizes the prevalence and dominance of square shapes that expand in pace with the progress of human civilization.
– Tsutomu Haraguchi
* * * * *
Venue: HRD Fine Art
Date: February 11 – March 27, 2021
Hours: Thu 11:00am – 3:00pm / Fri & Sat 11:00am – 7:00pm
Closed: Sun, Mon, Tue, Wed (Open by appointment only)