MEDIA, Reports, TEDxFukuoka

【テキスト版】TEDxFukuoka2018「リスクを恐れない人生はアートである」

2018年1月27日に福岡市科学館で開催されたTEDxFukuoka2018”INFINITE DIVERSITY”に登壇した時のプレゼンテーション。当日のレポート記事はこちらです。
http://moeama.net/?p=1693

動画を公開しているんですが、「TEDxFukuokaで何喋ったの?」と聞かれることが結構あるので(笑)喋った内容のテキスト版も公開することにしました。

人前で喋るのは初めてだったので、下書き丸暗記で喋ってます。。ど素人〜。

 


高校生の時、私は人生に悩んでいました。

今となっては一体何に悩んでいたかについては忘れているんですが、とにかくわたしは思い悩んでいました。

しかしふとある日「あれ?例えば明日地球がもし爆発をしたとしても、宇宙から見れば、全く大したことないじゃないか?」と思ったんです。そうすると、悩んでいる自分が急にものすごく小さく感じて、同時に、「じゃあ別に人生どういう風に生きるのも自由じゃないか」と思いました。

そして、自分の人生が完全に自由なら、どんな人生を生きたいかと考えました。そして私は、それだったら「あー、楽しかった」と言って死ねる人生を生きたいと思いました。

 

私は20代まで、美術の分野で自分の内面を絵画や立体作品などで表現する作家活動を行っていました。

しかし7年前に初めて出産を経験し育児がスタートすると、それまでとは違った視点で表現を考える必要性に迫られました。経験者の方はご存知だと思いますが育児で自分の自由な時間がものすごく減ったということです。

限られた時間の中で出来る自分のやりたいことは何か、と見つめ直し、私は美術という枠にとどまらず、暮らしを含めた広い範囲での表現を作っていきたいと考えました。私は現在糸島の里山で築93年の古民家を改修しながら、場づくりの活動を行っています。

私がこのように自分の人生を歩んできた中で悩みごとや、モヤモヤすること、葛藤はいつもありました。

どうにかしたい!と思う時、人生の選択が必要な時、何かしらの行動を起こす時に私が何を基準に選択をしてきたか。それは、冒頭にお話しした自分が楽しいと思う人生を生きるぞ!という部分です。

私が「自分が楽しいと思う人生を生きる」ために指標にしていることがふたつあります。
(1)一つ目は、安全策をとらない。リスクを恐れないということです。
(2)二つ目は、「人生面白い方にbet」。迷った時は必ず自分が面白い!と感じる方に賭けるということです。

さて、そのようなことを基準に決断をしていくと、どうなるか…..
場合によってはなかなか、大変なことになったります。

例えば、私は数年前、田舎で場所探しをしたいと思い、当時3歳の息子と家出をします。その結果どうなったかというと…..

行くあての無い子連れ旅となりむちゃくちゃしんどい、ということになりました。更に、その後紆余曲折ありながらも無事田舎で家が見つかるのですが、その古民家をいい感じに改修したいと思って勢いだけで破壊を行い….

現在この冬、家の中がむちゃくちゃ寒い、ということになったりしています。

 

大変なことというのは一般的に、なるべく起こることを避けたい、ネガティブなことだと思っています。しかし私はその大変なことを比較的歓迎しています。何故なら、大変なことが起こっている時は、どうにか状況を打開しないといけないということでもあり「じゃあどうする?」と考えるシーンです。私はそれがとてもクリエイティブだな!と感じてワクワクします。

またその状況も、少し距離をとって客観的に見てみると大抵面白くて、人生の、話のネタになって経験として肥やしになって、人間としての厚みになると考えています。

そして「じゃあどうする?」という課題は、より面白くて、合理的で美しいと思える解決方法にたどり着くまで、試行錯誤を続けます。その結果、自分が素晴らしい!と思う方法が見つかった時がまた最高の気分です。

私は大変なことを歓迎するので、よくぶつかって転んでるかもしれません。でもこの通り、わたしにとっては転んだらむしろ人生を楽しくするチャンスだと思っているところもあります。

そういったわけで、一般的には良くないと言われるようなことであっても、私は前向きに捉えることができていると考えています。

私が、自分の選択と起こる出来事を楽しんでいく為に、大切にしていることが三つあります。

一つ目は、自分の決断を信じること
二つ目は、明るい未来があるという確信を持つこと
三つ目は、必ず望む方向に行くんだという意志を持つことです。

勿論、落ち込んだり、ショックを受けたり、悲しい気持ちになったり、ボロボロの気分になることもあります。

でも私が私らしく生きている、と思えるのであれば、それでもいいじゃないかと私は思っています。

それと、とても重要なことなのですが、大変なことになっているとその時その時で、必ず、助けてくれる人が現れます。助けてくれる人のおかげで、落ち込むことがあっても、私は自分の心までは折らずにここまでたどり着くことができています。本当に、ありがたく思っています。

なんだったら、大変なことになっている私を、面白がって、愛ある感じで笑って楽しんでもらえるなら嬉しく思います。

私が私らしく人生を楽しんでいて、人もそれを見て楽しんでくれるなら私は、最高にハッピーです。

その時その時の自分自身に対して自分らしくある為の選択をすること。それは、自分がワクワクしたりウキウキする方を選ぶということです。逆に言うと窮屈に感じる方には行かないということでもあります。

私の選択は人から見れば窮屈に見えるかもしれない。でも私が私らしくあるために選んだ道なら、自由で喜びにあふれています。

人は、間違ってるとか、やらないほうが良かったとか、不幸な出来事だとか、失敗だとか言うかもしれません。

実際時々そう言ってくる人にも会います。

でも自分が今の状態に対してOKだと思えるかどうかが、自分の人生では一番大切なことです。

私が、私らしくあるということ。あなたが、あなたらしくあるということ。
そのことを大切にすると、自分も周囲もそれぞれが豊かに生きられると私は考えています。